住友不動産J・URBAN COURT(J・アーバン コート)の建築日記です。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よっし~の家では"和室"は造りませんでした。
部屋としての和室は造らず、変わりにタタミコーナーを造り和の空間を造りました。

間取りのプランニングのとき、よっし~と奥さんでいろいろと意見対立があったのですが、その中でも和室については、なかなか決着が付かなかった一つです。
和室は絶対必要という奥さんと、使わないなら必要ないと考えるよっし~で意見が分かれました。

よっし~も正直、和室はあったほうがいいと考えます。
でもよっし~のプランでは和室よりも広いリビングを重要視したため、十分な和室スペースの確保が難しくなり「和室」としての空間はやがてプランから消えてしまいました。

初期のプランにはちゃんと和室もあり造れないことはなかったのですが、和室を造るとどうしてもリビングが狭くなってしまいます。
広いリビングを希望しているよっし~としてはリビングが狭くなるのは避けたいという思いがありました。

よっし~の生活の中心はほとんどがリビングなので、あまり使わない和室を造るよりもリビングを充実させたほうがいいとよっし~は考えます。
実際、今住んでいるマンションの場合もリビング中心の生活なので和室はほとんど使いません。

よっし~も"和"の空間自体は欲しいので、リビングの一部にタタミコーナーを設けることで"和"の空間を造りました。
タタミコーナー案もいろいろと考えたのですが、

①リビングの角に腰高の壁を周囲に設けた床高のタタミコーナー
w-0001.jpg
イメージ
②リビング横に仕切りや壁を設けずオープンな和室を設置
③リビング南側中央にフラットに4.5帖のタタミコーナー


などタタミコーナー案もいろいろ考えましたが、最終的には案で決まりました。
court_wasitu.jpg
写真はJ・URBAN COURTのHPの画像です。
よっし~のタタミコーナーもこの写真のような感じです。
リビングの中央フローリングの真ん中に段差の無い4.5帖の琉球畳のタタミコーナーを造りました。

これでタタミの上でゴロンと横になりTVを見ることが出来ます。


ブログランキング参加中です!ポチッとご協力お願いします(^O^)
banner_04.gif にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshi77.blog45.fc2.com/tb.php/16-da2b5957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。